最近注目を集めているおまとめローンとは

 

インターネットの広告の中には銀行や消費者金融が発信しているネット広告がありますが、銀行や消費者金融のネット広告の中にはカードローンが多くあります。カードローンは保証人なし、担保不要、年齢が満20歳以上の人で、安定した継続収入を持つ人であれば、アルバイトやパート収入の場合でも申し込みが出来るなどの特徴があるローン商品です。しかも、カードローンはお金の使い道が原則自由で、ネット広告の中にはおまとめローンとして利用する事が出来るなどと記載が行われているケースがあります。初めて、こうしたネット広告を目にした人はカードローンがどのようなもので、おまとめローンとは何かなどの疑問を感じるケースが多いのではないでしょうか。(おまとめローンとは)カードローンは審査を受ける事で利用限度額が決定し、限度額の範囲内で繰り返しお金を借りる事が出来るローン商品です。

例えば、10万円の利用限度額でキャッシングをしている場合、フリーローンなどの場合は10万円すべてを使い切ると、それ以上のお金を借りる事が出来ません。しかし、カードローンは借りたお金を返せば、返した分だけ融資を再び受ける事が出来るようになります。一方、おまとめローンとは複数の債務を1つにまとめる事が出来るローン商品で、カードローンを利用したおまとめローンの場合は、他社債務を1つにまとめると同時に、返済を完了させると資金使途が自由になっているため、買い物などで利用する事も出来るようになります。但し、おまとめローンにはおまとめ専用のローンもあります。おまとめ専用ローンの場合は、資金使途は他社債務の借り換え専用になるため、カードローンの様に全額返済を行っても、他の用途でお金を使えないので注意が必要です。尚、消費者金融のおまとめローンは総量規制の例外貸し付けが認められているため、年収の3分の1を超える借入が出来るなどの特徴もあります。借金を1つにまとめる事で毎月の返済額が少なくなる、返済の管理がしやすくなるなどのメリットを持つローンです。

おまとめローンを比較するときのポイントとは

 

銀行や消費者金融ではおまとめローンを提供していますが、各社商品の仕様が違っているため、十分に比較してから選ばなくてはなりません。どのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。まず限度額の高さが重要です。限度額が少ないと複数の借り入れをまとめるのには不十分なこともあるからです。ただし消費者金融の場合は総量規制によって貸出制限がありますので、いくらローンの限度額が高くてもまとめることができる金額が少なくなることがあります。借金が年収の3分の1以上ある場合は銀行系カードローンを選んだほうが良いでしょう。貸金業者も総量規制の例外によって年収の3分の1以上の貸し出しをすることができる場合がありますが、業者にとってもリスクが高くなりますので、審査に通るとは限りません。金利も重要です。金利が高ければまとめても意味がないからです。

一般的におまとめローンは低金利で提供されていますが、長期間の契約になりやすいおまとめローンは0.1%でも低い金利で契約できるようにしましょう。銀行系ローンの場合は、給料の振り込みや公共料金の支払いで取引があると、金利を優遇してくれる会社もあります。随時返済ができるかどうかも重要です。毎月最低限の支払いだけをしていると完済までに何年もかかってしまいますので、余裕のある時に元金を減らしていく必要があるのです。おまとめローンが「目的別ローン」として提供されている場合は、随時返済が制限されていることがありますので、確認しておきましょう。カードローンとして提供されている場合は随時返済も自由ですが、追加で借入もできてしまいますので、借金を自分でコントロールする必要があります。追加で融資を受けてしまっては返済計画が一向に進まないからです。その他にはATMの利用手数料や返済手段の豊富さで比較するのも良いでしょう。上手に借り入れをまとめて、有利な条件で返済を続けていけるようにすると、負担も減らすことができます。

おまとめローンがおすすめな理由について

 

キャッシングやカードローンというのは、必要なお金をいつでも手軽に借りる事が出来る便利なサービスですが、気がつけば多重債務に陥っているという事は珍しくありません。多重債務になると、毎月何度も来る返済日、そして月々の返済額に頭を悩ませる状態になるという事があります。毎月、返済に頭を悩ませる状態になれば、日常生活にも支障が出てくる可能性があります。そんな状態を改善して、落ち着いた生活を取り戻したいと考えた場合に有効な方法が、おまとめローンの活用です。おまとめローンは、複数の業者からの借入をひとつにまとめていくサービスです。借入をひとつにまとめる事ができれば、返済日は月に1回のみとなります。更に、まとめた時点で月々の返済額は無理のない金額に設定する事になる為、毎月の負担も軽減され、落ち着いて生活を立て直していく事が出来ます。

ですから、多重債務で悩んでいるのであれば、おまとめローンの利用がおすすめです。そんなおまとめローンの特徴のひとつに、利用をすれば、金利が下がるという事があります。ただ、注意をしておかなければいけないのが、金利が下がったからといって、利息が少なくなるという訳ではないという事です。おまとめローンを利用すれば、月々の返済額は少なくて済む事になりますが、返済額が少ないという事は、借入期間が長くなるという事になります。利息というのは借入期間も大きく影響をしてくるもので、借入期間が長くなれば、それだけ多く支払う必要が出てきます。その為、金利は下がったけれど、最終的に支払う利息は多くなってしまうという可能性が高くなります。それでも、複数の業者に対する返済に追われている状態よりも、落ち着いて生活を送れる状態になります。すると、今後の事についてもしっかりと考える気持ちの余裕も出てきます。返済に追われているとこうした余裕も失われるので、多重債務で悩んでいるのであれば、おまとめローンの活用がおすすめです。

CMでよく見かける消費者金融や銀行などの金融機関の中には…。

収入証明書の提示が必要なぶん、銀行以上に消費者金融の方がハードルが高いと言えます。それがあるので、大きな金額を借りたいというのであれば、銀行に申し込む方が得策です。

一括りにカードローンと申しましても、銀行系や消費者金融系など、多彩な商品が準備されているので、選択ミスをしないためにも、信頼のおける情報を踏まえて、きっちり比較を済ませてから申し込み申請をする方が賢明です。

カードローン会社が設定している金利に関して言うと、公開されている数値のみで比較するというのは間違いで、実際に借金をしたときに定められる金利をチェックすることが肝要です。『即日融資』をウリにしていても、申し込みを入れるキャッシング業者によって、即日に融資が可能な時間帯が違うので、事前にその時間帯を下調べしてから動くようにしてください。

平日に実施される即日融資だったら、審査が通ると早々に好きな口座に現金振込してもらうことも可能なほか、カードローン用に作ったカードを活用して、自分で借入金をおろすこともできるというわけです。低金利の銀行などでおまとめローンを利用することができたら、融資にかかる利息も月単位での返済額も縮小して、しっかりと借入金を縮小させていくことができると断言します。

カードローンの借り換えを終えた時にひんぱんに見られるのが、いくつかの借入先を1つにしたことで安心してしまって、前にも増して借入を重ねてしまい、結局支払い負担が増えてしまったという最悪のケースです。CMでよく見かける消費者金融や銀行などの金融機関の中には、今話題の「無利息キャッシング」を強みにしているところも存在します。

このキャッシングで借金をしても、サービス期間中は無利子となります。消費者金融の申込時に、収入証明書として提示される事が多いのが、収入が記されている給与明細書です。都合によりこれが提出できないなら、証明書の類いが要されない銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。キャッシングの申込方法には、郵送を利用して行うものと電話を利用して行うものの2種類があるのですが、現在はスマホなどを介して、オンラインで申し込み申請する方法が浸透してきています。

お金を借りるに際しては、在籍確認を行なう目的で勤務場所に連絡されるのが普通なので、「キャッシングを申し込んだことが、会社内の仲間などに知れ渡るのでは?」と悩む人も少なからずいるのではないでしょうか?総量規制の対象となるのは、個人的にお金を貸してもらうという場合です。

それゆえ、個人であっても事業用の資金を借金する場合は、総量規制から除外されるのです。おまとめローンを利用したいという時に、皆さん「どこに申し込むのがベストなのか?」と頭を悩ますと思いますが、そういうときは銀行系にすれば確実です。現在のキャッシングの申込方法には、インターネット申込と自動契約機を利用した申込の2つがあります。

Webサイトでの申込の際は、ローン申込から契約が完了するまで誰にも会わずに進めていくことができます。おまとめローンを利用して借金を一本化するなら、やっぱり今より低金利の銀行が最良だと言えます。適用利率が低くないおまとめローンに移行した場合は、お得な点は何もないということはご理解いただけるでしょう。